STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > #7 耐震にプラス

#7 耐震にプラス2017.07.28

地震の多い日本では地震対策がかかせません!

地震対策とひとことでいってもいくつか種類がありそれぞれ対策の仕方が違います。

ではその種類と対策の仕方とは?

地震対策には「免震」「制震」「耐震」といった3つの方法があります。

「免震」

家と地面の間に免震装置を設置することで家に揺れを伝えにくくします。

しかし、免震は家を支えている地盤が弱いところでは適応することができません。

「制震」

家の骨組みに制震装置を設置し、その制震装置が揺れを吸収します。

この制震は、上階の揺れをより軽減します。

「耐震」

家の骨組みを強くすることで揺れに耐えます。

この耐震は、建物が倒壊せず、住人が避難できることを前提とし、

建物の強度で揺れに耐える構造です。

 

地震対策において、

家の耐震性を高めることは当たり前のことなのです。

「免震」は、地震に効果的ですが地盤が悪いと機能しません。

「制震」は完全に揺れないものではありませんが、揺れを吸収するので建物の被害を軽減します。

「耐震」にさらに「制震」をプラスすることで地震対策はより一層高まります。

 

今後いつ起こるかわからない地震をおそれないために、

家・家族の命を守るために地震対策を行うことはとても大切です!

 

 

次回 「身近にできる対策」

#8 身近にできる対策

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 松原工務店大阪社長TV
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938