STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > #8 身近にできる対策

#8 身近にできる対策2017.07.29

地震による死亡原因の90%を占めているのは

家の倒壊、家具の転倒による圧迫死です。

倒壊しない強い家にするには耐震性を高めることが必要です。

では家具の転倒を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょう?

 

地震が起こった際に倒れやすいのは本棚や食器棚といった背の高いものです。

これらを転倒防止器具で固定します。

 

すぐに器具で固定できない場合、身近なもので固定することができます。

 

 

また本棚は、

上段に軽いものを下段に高いものを置くようにするだけで

重心が下がり倒れにくくなります。

そして家具の配置には注意が必要です。

寝ている時に地震が起こった場合、反応が遅くなってしまいます。

ベッド側に家具が倒れないように配置します。

また避難口を確保するため家具が倒れても扉は必ず開ける配置してください。

地震対策は重要です。

今すぐに耐震性を高めることができなくても

まずは家の中を安全にしてください!

家具の固定や配置を変更することはすぐにすることができます。

家具の転倒を防ぎ耐震性を高めることで

地震から家族の命を守る最強の家となります!

 

 

次回 「海・山はさらに注意①」

#9 海・山はさらに注意①

 

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 松原工務店大阪社長TV
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938