STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 堺市でマイホームをお持ちの方へ!外構工事でウッドデッキを作るのに費用はどれくらい必要?

堺市でマイホームをお持ちの方へ!外構工事でウッドデッキを作るのに費用はどれくらい必要?2018.07.13

堺市で外構工事を考えている方はいらっしゃいませんか?
一口に外構工事といっても、玄関の門の雰囲気を変えたい方やアプローチを西洋風に変えたい方などいろんな方がいらっしゃることと思います。
その中でもウッドデッキの設置を考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
取り付けるだけでいつものおうちがまるで別荘のような雰囲気に一気に早変わりするウッドデッキは数ある外構工事の中でも人気の工事の一つです。
そこで今回はウッドデッキの設置を考えていらっしゃる方のために、

その設置費用などをご紹介していきたいと思います。

〇ウッドデッキの費用は使用する木の種類によって異なる

どんな種類の木を使うかによってウッドデッキの設置費用は異なります。
以下では主にウッドデッキの木材として使用されている3種類の木をご紹介します。

・天然木

天然の木はウッドデッキを最も自然の雰囲気に近づけてくれますし、年月が経つにつれて使用感がでてくるところに人気があります。
しかしそんな天然の木でできたウッドデッキを長年使用するためには定期的なメンテナンスを欠かすことはできません。
木材の反りや色褪せを手直しする手間もかかるため、設置費用に加えて定期的なメンテナンス費も必要になることを覚えておきましょう。

・人工木

人工木とは、木粉と樹脂を混ぜたものに熱と圧力を加えて形成した木材のことを指します。
そのため天然の木材に生じやすい反りや色褪せが生じることはあまりありません。
長年使っていると反りや色褪せを生じてしまうこともありますが、天然木ほど頻繁にメンテナンスを行う必要はありません。
天然木の最大の魅力が本物の木でできているところであるとするならば、人工材の最大の魅力は樹脂を用いているため

白アリに対して耐性があり木材が腐食してしまう心配をしなくても良い点にあるということでしょう。

〇ウッドデッキの設置にかかる費用は?

以上ではウッドデッキに使う木材についてご紹介しました。
どの木材を使うかどうか決めれば、あとはウッドデッキの設置を行うだけです。

この設置にあたっては木材のほかに
・ウッドデッキを支える束柱
・デッキを支えるアルミ材
・前後の柱を結ぶための根がらみ
・デッキ材の小口を隠すための幕板
が必要になります。

今回はウッドデッキの取り付けにあたって必要になる費用をご紹介しました。
これにはどの大きさのウッドデッキを取り付けるかどうか、自然木と人工木のどちらを使用するかどうかが関係してきますので、

l細かい費用について計算してみたいという方はぜひ松原工務店までご相談くださいませ。

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938