STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 堺市の方必見!店舗のリフォームを行う前に知っておきたい4つの注意点とは?

堺市の方必見!店舗のリフォームを行う前に知っておきたい4つの注意点とは?2018.05.30

店舗をリフォームして、心機一転頑張ろうと考えている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、安易な店舗リフォームは命取りになってしまうことがあります。

店舗リフォームを考えている方は事前の準備や調査をしっかり行った上で決断しましょう。

今回は、店舗リフォームを行う際に注意すべき4つのポイントをご紹介します。

1.ローンが組めない

店舗のリフォームには費用が多くかかるのに、ほとんどの工事でローンを組むことができず、原則として現金のお支払いになります。

そこで、金融機関からの融資を受ける場合もありますが、お見積りの内容にもよるので、必ず審査が通るというものではありません。

店舗の改装は十分な資金を用意した上で行いましょう。

なお、料金のお支払いは施工前・施工中・施工後の3分割で支払うパターンが最も多いですが、施工前と施工後の2分割で支払うケースもあります。

2.リフォーム中の営業

リフォーム中は営業ができなくなるので、その間どのようにするのかしっかりと考えましょう。

営業をしないのであれば、収入がストップするわけですから、その間の生活費をどうするのか、別の仕事をするのかを検討しましょう。

もし営業するのであれば、リフォーム代に加えて賃貸料金やお客さんにどう知らせるかを明確にする必要があります。

3.リフォームの理由を明確に

店舗のリフォームは費用がかかるので、具体的にどこを改善したいのかを明確にしましょう。

厨房が古くて使い勝手が悪いのであれば厨房に絞ってリフォームし、店内の劣化が目立っている、どこか薄暗いというのであれば、内装のリフォームに焦点を当てましょう。

ついでにここもリフォームしておこうと安易にリフォーム箇所を増やすと、簡単に料金は上がります。

また、そのリフォームは本当にする必要があるのかも考えましょう。

例えば、小売り店でお客さんの滞在時間が短いのは内装に問題があるのではなく、商品の並べ方に問題があるのかもしれません。

しっかりと検証をした上でリフォームに踏み切りましょう。

4.確認申請

別の会社やお店が使用していた場所をリフォームして、お店を出すというケースも多いでしょう。

その際、「確認申請」というものが必要な場合があります。

確認申請とは建築基準法で建物の大きな修繕を行う場合や、使用用途を変更する場合に行政から確認済証を得ることです。

例えば、以前は事務所として使用していたところに、飲食店として使用する場合、火器の使用が考えられるので、申請が必要となります。

事前に出店する地域が定める確認申請の規定を把握しておきましょう。

準備をしっかりと行いますます繁盛するようなお店になるといいですね。

店舗リフォームに関してご相談等ございましたらホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938