STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 堺市在住の方必見!マンションのリノベーション費用を抑えるポイントとは?

堺市在住の方必見!マンションのリノベーション費用を抑えるポイントとは?2018.06.11

マンションのリノベーションにはどのくらい費用がかかるのか、また何が費用を左右するのか気になる方はたくさんいらっしゃることでしょう。

理想のお家にしたいと思っていても、予算との相談は欠かせません。

そこで今回は、リノベーションの費用を左右するポイントと費用を抑えたいときに検討すべき点をご紹介します。

 

○リノベーションの費用を左右する3つのポイント

1.部屋の広さ

単純に、工事する面積が大きければ、その分使用する材料や工程も多くなるので、費用も膨らみます。

面積と費用は基本的に比例するので、予算を組む際にはご自身の部屋の広さを調べてみましょう。

2.間取り

リノベーションは理想の内装の実現を叶えるものなので、こだわるポイントが複雑、または多いようであれば、費用は膨らむ傾向にあります。

費用とご自身の要望を検討して、一番良い答えを見つけるのが良いでしょう。

また、新しく部屋をつくりたいという場合には新しく間取りを分ける必要があります。

その場合、壁も新しいものを設ける必要があるので、費用を左右するポイントとなります。

 

3.何階にあるのか

お部屋が何階にあるのかによって、費用が変わります。

例えば、1階にあるお部屋をリノベーションするのと、10階にあるお部屋をリノベーションする場合どちらが大変でしょうか。

答えは10階ですよね。

高層階にお部屋があると、その分資材を運ぶのに労力がかかるので、下の階にあるお部屋よりも費用がかかる傾向にあります。

 

○費用がどうしても気になる場合に検討してみる3つのこと

1.再利用

リノベーションは新しく内装を変えることですが、ただ単に以前のものを壊すのではなく、

以前のものを再利用し、別の部分で利用できないか、新しいものをつくれないかということを検討しみましょう。

可能であれば、費用が抑えられることもあるかもしれません。

 

2.なるべくそのままで

例えば、床や壁の色や柄が気になるだけであれば、上から塗装したり張り替えたりすることで解決します。

これを壊して、新しい素材に変えると費用がかかることになります。

どこにお金をかけるか、反対に費用を抑えるかを見極めておきましょう。

 

3.既製品か造作か

自分の好みのお部屋をつくりたいので、どうしても既製品ではなく造作を選んでしまいがちですが、既製品でも可能なのかを検討してみましょう。

造作は既製品よりも費用がかかるので、代わりにしても遜色ないようであれば、既製品でも十分だと思います。

 

 

理想のリノベーションについて、工事や費用などでご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ホームページからご連絡可能です!

 

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938