STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 外構工事でウッドデッキを設置するのにかかる費用とは?堺市の株式会社松原工務店がご紹介!

外構工事でウッドデッキを設置するのにかかる費用とは?堺市の株式会社松原工務店がご紹介!2018.06.15

お家でくつろげる場所をつくるのに、ウッドデッキの設置はとてもおすすめできるものです。

春・秋はお庭のお花を楽しみながら家族でサンドウィッチ、夏は気持ちの良い夜風に当たりながらご夫婦で晩酌…と、

ウッドデッキがあれば日常にちょっとした幸せをもたらしてくれます。

しかし、ウッドデッキにかかる費用やどんな材料を使うかなどあまり知られていない部分が多いので、

今回はウッドデッキにかかる費用を種類別にご紹介します。

○天然木のウッドデッキ

天然のウッドデッキの魅力は自然素材ならではの肌触りや香りが感じられるところです。

加えて味わい深い経年変化も楽しめ、人工木では絶対に出せない魅力が詰まっています。

しかし、天然であるがゆえに、反りや色あせ対策が必要なのでコストがかかってしまいます。

天然木といっても種類は様々で、ハードウッドとソフトウッドの二つに分けることができます。

・ハードウッド

ハードウッドは主に広葉樹を指し、硬くて丈夫で虫がつきにくく、なおかつメンテナンスが楽です。価格はソフトウッドに比べて高価で、

ハードウッドの代表として挙げられるウリン材を使うと、ソフトウッドを使ったときに比べて初期のコストが高く、

ソフトウッドを使ったときに比べて初期のコストが高くなります。

その分メンテナンスにかかる費用は抑えることができるので、長期的な目線で見たときのランニングコストは低くなります。

・ソフトウッド

ソフトウッドは針葉樹のことを指し、一般的にハードウッドよりも柔らかい木材が多いです。

湿気や虫に弱いので、加工を施す必要がありますが、ハードウッドよりもアレンジを利かせやすく、安価です。

主に杉が使われており、ご自分だけのデザイン性の高いウッドデッキを作りたいという方におすすめです。

○人工材

人工木とは見た目は天然木のようですが、木紛とプラスチックでできた樹脂で作られたものです。

特徴は天然木と比べ、維持費がかからないことや、メーカーごとのこだわりで、加工性や軽量に富んだものが多いことです。

人工木はソフトウッドやハードウッドよりも安価なものが多く出回っているため

予算に余裕のない方でもお気軽にウッドデッキを楽しむことができます。

○ウッドデッキにかかるお金

上記で一式と記載したように、ウッドデッキにかかるお金は木の費用だけではありません。

ウッドデッキを支えるための柱を立てる必要があります。

もし、設置場所がコンクリートで舗装されていれば追加工事はかからないのですが、

舗装されていなければ柱を支えるための石を埋め込む必要があるので、追加工事費が発生することがあります。

事前にこういった追加工事費が発生する可能性を知っておくと、

いざ工事するとなった時に想定外の費用が発生したというような事態を防ぐことができるのではないでしょうか。

 

今あるお家にウッドデッキを足して快適なお家にしてみませんか。

ウッドデッキに関してご相談ございましたらホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
  • mitemiteオープンハウス
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938