STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 注文住宅でかかる費用の内訳とは?堺市の工務店が解説します!

注文住宅でかかる費用の内訳とは?堺市の工務店が解説します!2018.09.11

 

「見積もり書に書かれている費用の内訳を見ても何のことだか分からない…」

「家づくりの価格を決める工事の総費用を詳しく知りたい!」

注文住宅で家づくりをお考えの方には、費用の内訳はぜひ知ってもらいたいことの一つになります。

見積もり書を見ても、どこにかかる費用か分からないと不安になりますよね。

そこで今回は、注文住宅でかかる費用の内訳と相場についてお伝えします。

□注文住宅でかかる費用の内訳

注文住宅を建てるには、家本体とは別に家づくりで必要になる費用があります。

注文住宅の家づくりで必要になる費用は、「本体工事費用」「別途工事費用(付帯工事費)」「諸費用」の三種類に分けることができます。

*本体工事費用

建物本体の工事費用のことです。

例えば、基礎工事や屋根、内外装などの家全体にかかる費用があります。

本体工事費用には、駐車場や庭などの建物の本体以外にかかる費用は含まれないので、注意してくださいね。

*別途工事費用(付帯工事費)

別途工事費用とは、建物以外の工事費用のことです。

例えば、駐車場や庭、照明器具の購入などにかかる費用になります。

ここで注意しておきたいのは、土地の条件によっては、かかる費用が大幅に変わることです。

地盤が弱い土地の場合は、地盤改良が必要になることもあります。

反対に、環境が整備された土地では、別途工事費用が安くなるということもあるのです。

*諸費用

諸費用とは、住宅ローン手数料や火災保険などの各種保険、固定資産税といった建物の工事以外にかかる手数料のことです。

また、諸費用は現金で払うことが多いので、予算として事前に計画し、用意しておくことが必要になります。

□おおよその費用の相場とは?

ここでは、上でご紹介した費用の相場をご紹介します。

1.本体工事費用:総費用の75%~80%

2.別途工事費用:総費用の15~20%

3.諸費用:総費用の5~10%

以上の相場となります。

これらの割合は、あくまで目安となるものなので、少し多めに予算を決めると安心できるでしょう。

また、前述したように諸費用は現金払いになることが多いので、予算が足りなくなるということがないように気を付けておきたいですね。

□最後に

今回は、注文住宅でかかる費用の内訳と相場について解説しました。

注文住宅で家づくりをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
  • mitemiteオープンハウス
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938