STAFF BLOG

HOME > STAFF BLOG > 門を設置するメリットとデメリットとは?|堺市で外構工事なら松原工務店

門を設置するメリットとデメリットとは?|堺市で外構工事なら松原工務店2018.10.01

家に門がないのだけれども門って設置した方がいいんだろうか??

そんな風にお考えの方はいらっしゃいませんか。

門は作った方がよい気がするものの、費用がかかるので費用分の機能があるのかな、

と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は家に門を設置するメリットとデメリットについてご紹介します。

□門を設置するメリット

ご自宅と街路の区切りに設置するのが門ですね。

門の設置には、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここではメリットについて2つご紹介します。

まず、周囲の視線を遮り、住宅内が見えなくなるため近隣の目を気にすることなく生活ができます。

そのためプライベートを守る上で有効です。

周りの方の目を気にしなくてよいので、お庭での作業もしやすいでしょう。

次に、門があると、周りとの境界線がしっかりわかれるので、簡単に侵入できない印象を相手に与えます。

例えば、たまたま帰宅時に訪問営業にひっかかったとしても、門の内側まで侵入する気にはならないので営業も断りやすいです。

また、門によって簡単に侵入できない印象を与えるため、空き巣に入られにくく防犯性を高められます。

□門を設置するデメリット

では、反対にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここではデメリットについて2つご紹介します。

まず、門によってまわりとの交わりに一種の堺を作ってしまうため

閉鎖的な雰囲気を作ってしまうとともに、敷地面積が狭く感じます。

また、万が一誰かに侵入されてしまったら、侵入者が隠れやすくなります。

□セミクローズ外構

セミクローズ外構とは、門のないオープン外構と門のあるクローズ外構の特徴とを併せ持った門のことです。

クローズ外構のデメリットが気になる方は、

セミクローズ外構で開放感をある程度保ったデザインにすることで不安を解消できるかもしれません。

防犯性を高めた上で開放感がほしい方は、門はがっしりと重厚感のあるものにして、

周りの塀やフェンスは隙間を多めにして開放感を演出することでバランスを保てます。

□最後に

今回は住宅に門を設置するメリットとデメリットについてご紹介しました。

門を作ることで防犯性とプライバシーが得られますが、一方で閉鎖的な印象を与えてしまうことがあります。

しかし、閉鎖感は門やフェンスのデザインなど、工夫によって改善できます。

もし、門を設置したいと思っているけれどまだ疑問点や気になる部分がある方は

松原工務店までお気軽にお声がけください!

 

 

RECOMMENDその他関連情報

  • ありがとう貯金箱プロジェクト
  • オリジンカフェ
  • 未来建設プロジェクト
  • カンパニータンク
  • 松原工務店フェイスブック
  • 社会福祉法人 美原の郷福祉会 障害福祉サービス事業 ワークセンターつつじ
  • TEAM SUSTINA
  • 松原工務店大阪社長TV
  • mitemiteオープンハウス
HOME SERVICE WORKS STAFF BLOG NEWS COMPANY CONTACT
©2016 株式会社松原工務店 All rights reserved.
072-320-5938